RADIOCHANGO.JP [日本語]
ホーム > Announce - > 西サハラ被占領地でモロッコ軍の銃撃により少年が死亡した件で、アムネスティインターナショナルが署名活動を開始。

西サハラ被占領地でモロッコ軍の銃撃により少年が死亡した件で、アムネスティインターナショナルが署名活動を開始。

月曜日 2010年11月8日, によって nahoko

去る10月24日、西サハラ被占領地で14歳のサハラウイ少年がモロッコ軍の銃撃を受け死亡するという事件があったと、スペインに住みサハラウイの人々を支援する活動を行っている方からの短信メールで知りました。

ことのおこりを簡単に紹介します。

西サハラの首都・エル=アイウンから15キロほど離れた場所に、大勢の抗議者が住むテント村があります。モロッコによる侵略に抗議する西サハラの人々が集まる地域とのこと。

ここに食料を持って向かっていた車が、軍検問の停止命令を無視し、その直後に兵士による発砲を受けました。そしてそれがもとで14歳のサハラウイ少年が死亡、その兄は肩と背中に銃撃を受け瀕死の重傷を受け現在入院中。さらにモロッコ軍はこの被害者の家族による見舞いを許可していません。それどころか、遺体を遺族に返すことなく葬り、その埋葬場所も通知していないとのことです。

過剰な武力行使およびこれら一連の対応は、ますますの不信感を煽り立てます。モロッコ軍がこれまでも西サハラの人々を弾圧してきている経緯を踏まえ、スペインのアムネスティ・インターナショナルが下記にある通り署名を呼びかけています。

Marruecos debe investigar el homicidio de un saharaui de 14 años en un control militar MARRUECOS DEBE INVESTIGAR EL HOMICIDIO DE UN SAHARAUI DE 14 AÑOS EN UN CONTROL MILITAR

スペイン語のサイトですが、スペインで西サハラの情報を発信し続けている心ある日本人の方が日本語に訳されていますので、あわせてご紹介いたします。 賛同される方は、どうか、このページ下部の翻訳をご参考いただき、こちらのリンク先から署名いただければと思います。

今回の件について、スペインの報道を日本語にされている方がいらっしゃいます。それぞれをPDFにまとめてこの記事に添付いたしましたので、より詳しく知るためにもぜひご参考くださいね。

— -

モロッコは、14歳のサハラウィ少年が軍検問で銃殺された事件について捜査を行うべきである。

モロッコ国王モハメド6世は、サハラウィ少年の死亡に関する捜査の実施を保証すべきである。

モロッコ当局は、去る10月24日に軍検問所で起きたナジェム・アル=ガルヒ少年(14歳)の死亡事件を解明のため、捜査を即時開始すべきです。少年は、エル=アイウンの東方10kmに設けられた抗議テント村に食糧を届ける車に乗っていました。

被害者の実姉が語ったところでは、モロッコ軍が近距離で撃った銃弾が少年の腎臓部に当たったためその場で死亡したそうです。家族は、モロッコ当局が母親や兄弟に遺体の訪問も許可せず、埋葬の場所も通知しないまま翌日午後に遺体を葬ったことを告発しています。

少年の死が過剰な武力行使の結果として生じたものではなく、サハラウィ抗議テント村へのアクセスを阻止し、食糧供給を禁止する目的で行われたことをモロッコ政府は明らかにすべきです。

2010年10月10日以来エル=アイウンの町から東へ10〜13km離れたところで、何千人ものサハラウィ住民がまともな仕事と住居を要求して抗議テント村を営んでいますが、このテント群の周囲はモロッコ軍により厳重に取り囲まれています。

このため、モロッコ政府に事件の捜査を要求する行動を起こしましょう!

次のモロッコ首相宛メッセージを読んで、必要事項を記入してください。(送付されるメッセージにはあなたの氏名とメールアドレスが記入されます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前略

エル=アイウンの近郊でサハラウィ住民たちがテント村を設けて示威行動を行っていますが、この傍の軍検問所で14歳の少年が銃殺された件について、貴殿に一筆差し上げます。

家族の証言によると、10月24日ナジェム・アル・ガルヒは検問のモロッコ軍による発砲により死亡したとのことです。現在サハラウィ住民たちはまともな仕事と住居をモロッコ政府に要求してエル=アイウンの東10〜13kmのところに集まりテント村を設けていますが、少年はここへ食糧を運ぶ車に乗っていたのです。近距離で撃たれた銃弾が少年の腎臓部に当たり、彼はまもなく死亡しました。

ナジェム少年の亡骸は母親も兄弟も見ることはできず、さらに葬られた場所も通知されなかったそうです。

この重大な事件について、貴殿に次のことを誓願いたします。

- 即時かつ明白な捜査を開始し、ナジェム少年の死に関する事実を明らかにし、責任者を裁判にかける。

- サハラウィ住民に対し結集の自由の権利を尊重し、いかなる場合にも彼らの解散を目的とした過剰な武力行使を回避する。

敬具

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<記入事項訳>

* Campos obligatorios  *印の箇所は必ず記入

* Nombre 名前

* Primer Apellido 姓

Segundo Apellido (第二姓、日本人は記入不要)

* Correo electronico メール・アドレス

* Pais 国名選択

* Provincia (地方名、スペイン以外は不要)

Telefono (Solo 9 digitos, sin espacios) 電話番号(ハイフンなどは不記入)

Tipo Documento NIF Otros (NIF solo para Espana) 身分証明書番号

Deseo recibir más información de Amnistía Internacional をチェックをはずさないと、アムネスティ・インターナショナルからのメールマガジンが送られてくるかもしれません・・・

********************

サハラウイの件をよく知らないというかたのために。

モロッコの南にある独立国家であるはずのサハラウイ共和国は、もうすでに長い間、モロッコにより迫害を受け強制的に併合されようとしています。 これに断固抵抗し続けるサハラの民に連帯と支援を送るため、この問題をより広く知らしめていくために、チェスダカなどバルセロナのストリートミュージシャンたちがコンピレーションアルバムを発売したこともあります。
!! ESPERANSAHARAUI !! - 砂漠の砂を25つぶ -

以下のサイトにて、日本語にて詳しく知ることが出来ます。
ウィキペディア 西サハラ問題
西サハラ問題研究室ホームページ

********************

この記事に返信