RADIOCHANGO.JP [日本語]
Portada del sitio > KONCIENCIA SOCIAL > マグロと海賊-ソマリア海域で起こっていること

マグロと海賊-ソマリア海域で起こっていること

Jueves 29 de julio de 2010, por ebita

El atún y los piratas
ダニエル・マンシーリャ
2009年11月6日
Original

私たちが暮らしている分裂症的な世界では(いくつかの例外はあるものの)あまりにも膨大で質が悪い情報を日々受け取っているために、3、4日前に見たり読んだりしたことを憶えていることはほとんどなく、一つの情報を他の情報と関連付けることなど、さらに稀だ。無数の映像、音声、感覚が、相互に関連付けられることなく、私たちの脳の片隅に日々蓄積されていき、そこにはなんの理論的もないように見える。

数日前にこうしたいくつかの映像が私の頭の中で一つになって、私は家族との軋轢を生み出すほどに重大な決意をした。少なくとも、マグロを食べることが、遠く離れた海洋においての略奪行為の結果ではなく、危険度の高い汚染物質を浪費して海洋を汚染することにもならないと、誰かが私に保証してくれるまでは、この先一生マグロを口にしないことに決めたのだ。

私の頭の中に啓示のようなものを引き起こした原因は、私のパートナーが夕食にツナのトマトソースパスタを用意しようとしていたことにある。そのとき、私の頭の中で、ソマリアにおける終わりの見えない内戦、2004年末にインド洋を襲った津波、有毒な放射性残留物質などを海洋に非合法に投棄する船舶、海賊、NATO(北大西洋条約機構)の船や飛行機、そしてマグロ漁船が一つになったのだ。

2004年末に津波が起こったときに、(津波による悲劇を除いて)一番衝撃を受けたことの一つが、ソマリアの海岸に住む何千人もの人々が健康被害を受けたということだったのを思い出した。呼吸器の急性感染症、激しい咳、吐血、腹内出血、皮膚の反応、突然死といった症状は、化学物質や放射性物質による中毒症状に酷似している(1)。

国連環境計画(PNUMA)が作成した報告書が、ソマリアは沿岸が有毒物質や放射性物質の廃棄場となっている「未発展国」に類別される多くの国の一つであることを思い出させてくれるが、今回の場合は、数十年の間、内戦と実質的な行政組織が存在しないことによる。

そして、津波がソマリア沿岸の海水を振動させて、海岸や海水を含む地帯などを汚染した。約一ヶ月前に、ソマリアの海に、放射性物質、有毒物質、鉛、カドミウムなどを廃棄するために、様々な船籍の船が戻ってきたというニュースが独立系のメディアに出た。

数年前からソマリアには合法的な政府がなく、人々は果てしのない内戦状態の中で生きていること、国連が承認している政府が統治している首都だけで、それ以外の地域は、様々な部族の領土であったり、国際社会からの承認のない自治地区(ソマリアランドやプントランドなど)であることを私たちはみな知っている(2)。

ソマリア領海は、陸地と同じようなカオス状態に支配されていて、その海で漁をするものが何らかの許可を持っているなんて誰も信じていないし、仮に許可があったとしても、それを発行する政府の合法性ときたら一笑に付されるほど疑わしいものだ。

さて、数日前に読んだ記事では、漁船を失い、自分たちの漁場を護ってくれない政府に愛想をつかしたソマリアの猟師が、海賊となっている(ソマリアにおいてはコメを1キロより武器を買う方がずっと容易なのだ。)ことについて書かれていた(3) (4)。漁船を破壊されたセネガルの猟師が、カヌーでの商売に経済的な突破口を見出したように、ソマリアの猟師は海賊行為に生活の糧を得るもう一つの方法を見出したのだ。

別の記事では、海賊に対抗するイギリスの傭兵やロンドンの人質救出ビジネスについて書かれていた(5)。そしてまた、マグロ漁船用にライフルなどで武装した私的なセキュリティーサービスが必要だとされていた(アメリカが進めている戦争の民営化を思い出させる)。すでに、このビジネスを始める用意をしている企業もある。

そうした海域で漁をする船舶は私企業が所有していること、国家が彼らに提供している保護は、私たち市民の税金で支払われていること思い出しておこう。その上、そうした船の多くは、各国への税金支払いを避けるために都合のよい旗を掲げている。この間ずっと、NATOは私たちのマグロ漁師が非合法に行う漁を護るために、凶悪な海賊狩りに乗り出しているのだ。

情報や疑問、嘘だと思われることがあまりにもたくさんあることに、私は困惑している。

この啓示は徐々にぼやけてきているし、私のパートナーが口をきいてくれなくなってから一ヶ月半位経つけれども、おそらく私がマグロを再び口にすることはない。少なくとも、ソマリアの汚染された海から盗まれたものでないと確認できるまでは。

ダニエル・マシーリャはATTACマヨルカのメンバー。

参考:
(1) http://www.lukor.com/not-por/0503/1...
(2) http://es.wikipedia.org/wiki/Somalia
(3) http://www.rebelion.org/noticia.php...
(4) http://www.rebelion.org/noticia.php...
(5) http://www.mundoarabe.org/somalia_p...
(6) http://servigilantedeseguridad.blog...