RADIOCHANGO.JP [日本語]
Portada del sitio > KONCIENCIA SOCIAL > ホンジュラスを解放せよ-クーデターから一年

ホンジュラスを解放せよ-クーデターから一年

Sábado 3 de julio de 2010, por ebita

La desconquista de Honduras
グスタボ・ドゥク
2010年6月30日
Original

この6月28日で、ロベルト・ミチェレティと国の実権を握る者たちが率いた国家クーデターから一年が経過した。この間に、我々が国際社会と呼ぶものから発せられたのはは、いくばくかの気弱な告発のジェスチャーだけだ。

その反対に国際的な連帯の動きは、明白な形でホンジュラスの民衆や正義を求める組織や民衆の抵抗を支持し続けている。しかし、農民、教師、ジャーナリスト、聖職者といった抵抗運動を行う人々は、この一年を通じて殺害されたり、姿を消したり、死の脅迫に苦しんできた。

«Grito de los Excluidos(疎外された者の叫び)»と«La Iniciativa de Acción contra los Agronegocios(農業ビジネス化反対行動イニシアチブ)»の告発によると、このような状況が作り出されて維持されている背景には、権力を持って動いている者たちがいて、その一つがホンジュラスの農業ビジネスを牛耳る少数の権力集団だという。

彼らが最も危険で重大だと訴えているのは、現在コロン県のバホ・アグアンで起こっている事態だ。2010年2月以降現在までに、MUCA (アグアン農民統一運動)のメンバー7人が土地の権利を巡る紛争において殺害されており、直近の例が6月20日に殺害された17歳のオスカル・ジョバニ・ラミレスだ。3000ヘクタールの土地の譲り受けた2500世帯の農家が追い立てられている [1]のは、アフリカ椰子を扱う企業が、その土地を再征服しようとしているからだ。この椰子油はバイオ燃料の生産に利用できるため、ビジネスとしての価値が上昇中である。

この二つの組織が自分たちのマニフェストにおいて「バホ・アグアンで行われている不正義は、ホンジュラスにおいて人権を蹂躙・侵害によって経済力と政治力を得た農業ビジネス企業家たちの貪欲な利益追求の姿勢を反映したものだ。こうした企業家と呼ばれる人々こそが、一年前の国家クーデター以降その権力を強化した人々なのだ。」と表現している。そして歯に衣を着せず「それは地元の農産品企業や国際なフランチャイズ企業を牛耳る何人かのことで、その中にはピザハット、ケンタッキー、ペプシ、ゲータレード、バーガーキング、ダンキンドーナツといったお馴染みの企業がある。」と企業名を上げた。

ホンジュラスの人々は、他の社会運動を行う人々の間に同胞愛があることを良く分かっている。手を取り合って、少数のエリートの利益のために、自然を私物化し、人々を搾取している者の化けの皮をはがすであろう。それは彼らのものなのだから。

Galicia Hoxe ガリシア・オシェ

Notas

[1] クーデター直前の6月12日に前大統領セラヤ署名した協定により、この地域の土地の所有権を巡る調査を行うことが決まった。その結果がわかるまで現状を維持することになったにもかかわらず、軍や警察が数名の大土地所有者に有利になるように農民を追い立てているため、MUCAは抗議活動を行っている。